たくさんの収入を得よう

>

利用する時間が短い

2年や3年など、長期間暮らす物件を探している人は綺麗で新しい物件が良いと条件を細かく決めています。
ですから築年数が経過している物件を使って不動産投資を行っても、なかなか入居者を増やせないでしょう。
古いことが大きなハンデになりますが、レンタルスペース経営なら築年数は関係ありません。
大抵の場合、レンタルスペースを借りるのは平均1時間から2時間ほどです。
そのぐらいしか使わないならどれだけ古くても、気にしない人がほとんどでしょう。

普通の不動産投資をしていても利益を上げられない場合は、レンタルスペース経営に切り替えることをおすすめします。
自分がどの方法で不動産投資をすれば成功するのか、早めに見極めることが高収入に繋がります。

宣伝することを意識しよう

レンタルスペース経営で稼ぐためには、黙って待っているだけでは始まりません。
自分から、このようなレンタルスペースがあると宣伝していきましょう。
ネットに広告を出したり、たくさんのレンタルスペースを紹介しているサイトに登録したりするのが良い方法です。
さらに、SNSを使っても良いでしょう。

SNSなら情報が遠くまで、すばやく届くのがメリットです。
情報を伝える際はレンタルスペースの大きさや置いてある家具、設備や使用用途例などを具体的に説明しましょう。
何人ぐらいで利用するのにおすすめの広さなのか、お部屋の詳細を周囲に伝えると親切です。
情報が多ければ多いほど信頼されますし、レンタルスペースに興味を持ってもらえます。


築年数は気にされない

この記事をシェアする